• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2017年01月16日

そろそろ刺身が喰いてぇ〜

今日は1月16日。ようやく大寒波が収束に向かってくれそうな感じ。
気温は低いが空は青空!!

ここ数日の荒天で、さすがに雪の少ない寺泊も冬化粧..........
DSCN3588.jpg


港に入ってみる。車で岸壁に近づけないほどの雪の量ではありません。
DSCN3593.jpg


船の横までは軽自動車でも雪に捕まらずに近づける程度の雪なのだ。
DSCN3596.jpg


例年、雪が降り始めると出船できそうな海況でも港内に雪が積もり船まで近づけないためあきらめたりすることもある。しかし、これなら出船するときの駐車場の雪の問題はなさそうだ。

港周辺が気になる方は寺泊のライブカメラより港を見ることができますよ〜
http://218.223.38.14/viewer/live/ja/live.html

長らく続いた寒波の影響で、なすすべなくコタツで冬眠していた。このコタツと言う怠け者製造機は実に恐ろしい。一度入ってしまうとトイレ行くのさえ面倒くさくなる...............

あぁ〜 春はまだまだ遠いなぁ〜 

コタツ.jpg


ひたすら出船できそうな天気の状況を見守る日々。

インターネットで天気の状況を見る時にいろいろ見ている。
※一つは8日分の天気図予報がでるバイオウェザーサービス
http://www.bioweather.net/chart/pressure.htm
 ************************************************************************
※波や風の予測を良く参考にしているのはGPV気象予報。こちらで波の予報を見る時は、詳細設定ではエリアを南東北に合わせてから沿岸波浪をクリックする。そして地図上にある予報時刻をスライドさせていけば39時間先までの波の予報を見ることができる。そして広域を選択しエリアを東日本に設定することで264時間(11日)先までの波予報が見られる。ヤフーの波予測は6時間刻みで発表か遅いから更新頻度の多いこっちの予報の方がまだあてになる。
http://weather-gpv.info/
**************************************************************************
※他にも海上保安庁の海の安全情報。新潟は第9管区になりますが出船するときは石川県の舳倉島灯台の気象情報を頻繁に見ます。インターネットでは舳倉島しか見れませんがスマホでアクセスすると上越鳥ヶ首岬灯台、佐渡沢崎鼻灯台、佐渡弾崎灯台の情報も見ることができます。
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/kisyou.html

************************************************************************


他にも有料サービスの海快晴とかも参考にしている。情報は多い方が良いのだ。

そして思うに、ようやく今週の後半あたりに出船できそうな? 雰囲気の日がちらほら出てきた。(まだ天気図が変わりやすいからわかんないけど........)

最後に出船したのが9日だから今日でもう7日目.............あ〜あ  作年の12月からもう何回目の冬休みか〜   さすがに嫌になった。やること無くコタツに入ってテレビ見ているのもそれはそれで疲れるのである  

魚から随分遠ざかり、我が家の冷蔵庫の生臭さも、私の魚臭さも消えかかって来た

ここらでそろそろ本物の刺身が食べたいと思うのだが、いつも新鮮な魚ばかり食べているから魚屋で売っている日増しの魚は(今売っている魚って、いつ取れた魚だろう??) あんまり食べる気がせず、しょうがないから手作りコンニャクの刺身に走ってしまう。だって、まだこっちの方が作りたてで新鮮だから....................

※なかなか良いコンニャク芋だな〜
DSCN3510.jpg
DSCN3507.jpg


※皮向いて、ミキサーにガァァァーとかけて
DSCN3511.jpg
DSCN3516.jpg


※鍋に入れ火をかければ........................
DSCN3520.jpg


※あっという間にできてしまう。🎶
DSCN3524.jpg

DSCN3526.jpg


しかし、毎日のようにワサビ醤油で食べたり生姜醤油で食べたり酢味噌や中華風刺身で食べていても所詮、コンニャクはコンニャク。山フグと本物のフグとは別物だ。

あぁぁぁ....マジで魚の刺身喰いてぇ〜     

posted by 光洋丸 at 13:52| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

今年のニューフェイス(^^♪

あ〜あ...................せっかくのいい天気なのに今日は風があり出船できない。
そして明日から寒波到来!!

恨めしく海を眺める.....................
DSCN3587_NEW.jpg


ここのところ深場のイカ釣りで変なフグを見かける。
昔から居たのかどうかは甚だ、怪しい!! 水温の変化で来たのかもしれない。

名前はヨリトフグと言います。大きいものは3k位になるらしい。
DSCN3568_NEW.jpg


普通、釣り上げたフグは水から出て空気を吸い込み膨らむが、こいつだけは違う。イカ釣りの角に引っかかるとビックリして水を吸い込みリールで巻いているうちにどんどん水を吸い込んで丸くなり、どんな大物が来たかと思ってしまう位に重くなる。

最初見た時、クロフグかと思ったがよく見たらなんか違う。見た目もクロフグよりはかわいい!!

色が黒緑色で尻尾がほかのフグに比べて極端に小さく尻尾の下方は白い。
そして皮がぶよぶよとしていて全体的に水っぽい感じだ。

今まで釣りで釣れたことのあるフグは
.マフグ(成魚はクロフグ)
マフグ.jpg

.ヒガンフグ
ヒガンフグ.jpg

.シマフグ
シマフグ.jpg

.ゴマフグ
ゴマフグ.jpg

.トラフグ
トラフグ.jpg

.ショウサイフグ
ショウサイフグ.jpg

.シロサバフグ
シロサバフグ.jpg


などだ。上記に揚げたフグは一応、全部食べたことがある。もちろんシロサバフグ以外は毒がある。(自己責任で調理しておいしく頂きました......美味かったぁ〜)

お刺身でおいしかったのはトラフグ、シマフグ、ヒガンフグ。もちろんショウサイフグやゴマフグもまずいわけではないがシマフグやヒガンフグに比べると旨みの点では一歩譲る。マフグ(クロフグ)は身が柔らかく少し水っぽい感じがしたが味は美味しかった。
夜釣りで釣れるシロサバフグは毒性はないようだが味に若干の癖を感じる為、もっぱら味噌汁や煮つけにする。

そして、今日初めてこのフグのラインナップに登場したヨリトフグ君!!
調べてみると毒は無いと書いてある。皮と肝がおいしいんだよね〜とか、書いてある。

マジかぁぁぁ.................肝食べてもほんとに大丈夫なのかぁぁぁ.....

一応、毒は無いことにはなっているが地域によって中毒例もあったようなのでわざわざ危険を冒してまで食わなくてもいいかな〜    まだ死にたくないから~  
(ウマヅラハギの肝で我慢していた方が安心だよ)

***********************************************************************


ということで、船で釣れたヨリトフグ!! お客様は大体、気持ち悪いと言って置いていくので頂いて調理してみた。  

で〜ん!!...............
DSCN3573_NEW.jpg



ででで で〜ん!!
案外、つぶらな瞳がかわいいです。
DSCN3574_NEW.jpg


触った感じは    なんか、カエル触っているようなブヨブヨ感ですね。

取りあえずオラッ!オラッ!!オラッ!! と服(皮)を脱がせてみた。  いや〜ん 


卸す前はデブっていたから、もっとグラマーかと思ったら意外と貧相な体である。(失礼!!)

DSCN3576_NEW.jpg


そしてこれがさっきまで来ていた洋服だ。あまりにブヨブヨして切りにくいから脱がした後でさっと湯がいたら縮んでゲゲゲの鬼太郎のチャンチャンコみたいになってしまった
DSCN3575_NEW.jpg


DSCN3579_NEW.jpg


DSCN3577_NEW.jpg


そして湯がいた時にびっくりしたのは、香りのよさ。さっと湯がいたはずなのにすで食欲をそそるにおいがプンプンと!!    こっ、これはもしかして行けるのでは???   少なくとも、昨年暮れのダイナンウミヘビよりは期待が持てるぞぉ〜 

皮はさっと湯がくことでコチンコチンになったので食べやすくカット。身も一緒に一口大にしてみました。
身の質は水っぽいので唐揚げよりは皮のゼラチン質を活かして一緒にフグ鍋にした方がうまそうな感じだ。

これで写真のヨリトフグ3匹分だ。バットいっぱいになってしまった。
DSCN3580_NEW.jpg


野菜を切る。寄せ鍋ように白菜、長ネギ、エリンギ、青梗菜をカット。
DSCN3581_NEW.jpg


沸騰した湯に入れ煮込んでみた。
DSCN3582_NEW.jpg


味付けは基本、塩味で醤油を香りづけ程度。そして酒たっぷり入れて針生姜を鍋にぶち込んだスッポン仕立ての鍋だ。丁度、皮のゼラチンがスッポンのエンペラーみたいに感じたのでこんな味にしてみたが煮込んでみたらびっくり。.................

さっきまであんなに硬かった皮が火が入った途端ぐにゃぐにゃのゼラチンの塊になってしまった。
そして食べてみる。最初はポン酢を入れず本来の味を楽しむ。

............

.............


.............う〜ん!! うまい。


これは、フグと知らずに食べたら、おそらくアンコウ鍋と勘違いするかもしれない。

アンコウは煮込んでも独特の臭みはあるがヨリトフグは癖がない分、うまい。
但し、アンコウの皮は煮込んでもある程度の弾力があるがヨリトフグの皮は煮すぎると溶けてしまいそうになる。

ゼラチン質を活かしてカタクリ粉を溶いた卵スープに春雨とかを入れて食べたら最高な一品になりそうだ。(ヨリトフグのスープ春雨とかで食べたいね〜 )

身の質は極めてアンコウに近い感じだ。フグと名はついても味はフグとは別物ですね〜

DSCN3585_NEW.jpg


いずれにしても寺泊沖ニューフェイスのヨリトフグはアンコウ鍋、食っているみたいでとてもおいしかったよ〜


コラーゲンたっぷりの汁はお肌つるつるになりそうです。すり減った肘や膝の軟骨とかにも効果がありそうだな〜...........今後、見つけたら食べることにしよう〜 

注)とは言っても一応、フグと名が付きます。自信のない方は食べない方が良いかな〜! 新潟県はフグは持ち帰らないでと指導しているみたいだから
posted by 光洋丸 at 13:05| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

ぶらり海岸へ!

1/5木曜日、今日は曇り空で、時々青空も垣間見える。

そして気温も比較的高し。 今年は今のところ暖かい冬だな〜

ようやく週末出船できそうになってきたので気分転換に、海岸散歩に行ってみた。幸い、風もそんなに強くなく寒くはない。(とはいっても1月初め、さすがに防寒着を着込んではいるが...)

DSCN3528.jpg


........

........良きかな〜......

........

後ろを向いても自分の足跡だけだ。実に気分が良い     

DSCN3532.jpg


信濃川分水の河口沿いに歩き散策する。以前は、冬場散歩するとウスバハギやアゲマキガイ、赤貝などとともにニシガイや海藻のホンダワラなども揚がったが最近は散歩してもなかなか見つからない。

DSCN3531.jpg


あるのは流木とゴミばかりだな〜    

そういえば、世の中には流木ビジネスというのがあるらしい。要は、その辺に落ちている流木を拾ってきて熱帯魚の水槽用に販売するわけだ。流木ハンターのお薦めの場所は、本州では2カ所。一つは太平洋側だがもう一つは何と寺泊なのだそうだ。確かに拾ってきた流木はタダだが60cmの水槽に入るサイズで、折れなどが無く安定感のあるどっしりとしたものがいいらしい。 

ということはこんな物がきっと良いのかな〜............これで多分、3000円位かな〜(あくまで希望売価だけど.........) 
DSCN3533.jpg


と簡単に言っては見たものの実はそんなに甘くはない。商品にするためには塩抜きとアク抜きを最低でも5〜6ヵ月位して、さらに煮沸と乾燥 と手間暇かけて数ヶ月後にようやく商品が出来上がる。 出来上がっても売れるかどうかは又、別の話だしね〜................  

そんなうまい話は無いよな〜とか思いながら歩いていると   

オッ!!

アサリ発見だ。但し、1個しかない。

DSCN3538.jpg


正確にはコタマガイという名称だ。寺泊海岸から野積海岸にかけて夏場に海水浴しながら足の指で良く取った。
スーパーで売っている本アサリと種類は違う。砂を噛んでいるため、塩水で砂出ししてから味噌汁やバター醤油焼きで食べるとおいしいんだよね〜   昔、海岸で焚火しながら焼いて食べたんだけど最近は少なくなったな〜

たった一個では味噌汁の出しにもならない。結局、海に戻っていただく

海と河口のぶつかるところまで行くと今度は砂浜に石がゴロゴロとしている。

DSCN3539.jpg


その近くをよく見てみると.................

あっ..............

こんなところに玄能石が........

DSCN3546.jpg


これは手裏剣みたいな形だが地層の中から出ているものはどちらかというと槍のような形が多い。
石.jpg

自然界で地層の中で勝手にこの形に出来上がるらしいみたいだ。でも、どう見ても人が手を加えたようにしか見えない。子供のころは、石器だと信じて疑わなかった。

DSCN3547.jpg


まあ、これは私の宝物にしておこう  


と、我が家のカミさんの期待しているおかずになりそうなものは何一つ無かったわけだが、それでも久しぶりの海岸散策は、気持ちよかった〜   

もう少しで出船できると思うと気分いいな〜   



posted by 光洋丸 at 15:56| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

そろそろ出船したいのだが('_')

今日は1月4日。世間ではそろそろ仕事始めだ。(俺も早く仕事がしたいぃぃぃ.....)
相変わらずの天候不良で一人粛々とコタツで過ごす日々.........あぁ〜......

先日、暖房費節約の為、待合所から火鉢をもってきて家で使用してみた。一日中、家でゴロゴロしていると暖房費の電気代が馬鹿にならんから........

リサイクルショップで以前2000円で2個買ってきた方の一個だ。買うとき灰が最初から入っているものを買ってきた。
火鉢2.jpg


ここに豆炭を入れるわけだが家庭用のガスコンロだとセンサーがついているため火起こしに入れて着火してもすぐ火が弱くなったり消えたりしてなかなか着火しにくい。豆炭に火がつくまで時間がかかるのだ。(木炭にバーナーで着火した方が速いかもしれないが、豆炭の方がが安いからな〜.......)
豆炭.jpg


やはり音もなく(当たり前か〜)ほんわかとした温かさは格別なのだ。

そしてこの上で金網を載せお持ちを焼いたり、シシャモを焼いたり............
餅.jpg


冬休み中、ダラダラ・ゴロゴロと過ごしている娘と、同じく天候不良で出船出来ずにグダグダと過ごしている父&母が一緒に火鉢を囲んで暖を取りながらモチを焼いて砂糖醤油で食うのである。

その姿はまるで仲睦まじい昭和初期の貧しい親子の団欒風景そのものだ
 


しかし、3時間ほどしてから少し異変が...............


なんか、頭が少し痛いような...............気のせいかな〜


そう言えば、換気を回しているにも関わらず部屋の中は薄ぼんやりと煙が.......

そして、ついには娘まで頭が痛いと言い始める。............

ぬぬっ!!........

.............

.............


こっ これって、もしかして.........

..............

一酸化炭素中毒の初期症状では............



換気! 換気!! 換気だあぁぁぁぁ!!!

慌てて、窓を開け部屋中に新鮮な空気を入れる。忘れていたが、我が家は高気密住宅だった。

そして頭痛が収まったのは4時間以上も経過してからだった。

ほのぼのとした一家団欒が、危うく正月から一家心中になるとこでした。皆さん、火鉢の換気には気を付けましょう!!

 っつうか、今時 火鉢で暖を取る家はないか........

.........電気代ケチらないでストーブのスイッチ入れようかな〜......  まだ死にたくないから........

*****************************************************************************
しかし、何だな〜..............今年はなかなか初出ができないな〜
出船できると思っていてもすぐ天気が変わってしまう。芯から冷えるような日も少ないから雪もないけど例年よりも、不安定な感じ!! 

203020-0000-whrg03-20170104090000[1].gif


当初、3日4日辺りは出船できると踏んでいたが、この分だと初出は7日頃になりそうです。7〜8日は今のところ出船できると思うので是非、遊びに来てください。

光洋丸の1月の釣り目はサビキ&根魚五目釣り
こんな魚達が釣れるかな〜
.キジハタ (水温が下がるといなくなるので1月前半頃までです。その後は気温が高くなる5月後半から6月頃までお待ちください。マメアジや小イワシが釣れ出す7月〜10月にかけてがピークです。)
キジハタ.jpg


.ウスメバル (春に向けて徐々に脂が乗ります。近海は小型が多いですが唐揚げや塩焼きにするとおいしいですよ〜)
ウスメバル.jpg


.クロソイ (3〜5月前後が良い感じだ。春に比べ数は少ないが冬場も釣れる。貴重な冬のお刺身魚だ)
クロソイ.jpg


.ウッカリカサゴ (釣れるとうれしい魚の一つだ。唐揚げやお刺身、煮物と何にしてもおいしい。個人的にはキジハタのお刺身よりもカサゴの刺身の方が好きです。3年前に2.4kのウッカリカサゴを釣ったお客様がいたが近年大型サイズはとんと、見かけなくなった。きっといるんだろうけどね〜)
ウッカリカサゴ.jpg


そしてもう一つの釣り目ヤリイカ&スルメイカ釣りです。
前半は深場でスルメイカとヤリイカ混ざりの釣り。140m前後に行くため100号オモリを用意してください。
スルメイカ.jpg


1月中半頃より浅場でヤリイカが釣れ始めたら80号のオモリでヤリイカだけの釣りに変更します。
ヤリイカ.jpg


コマセ・マダイ釣りは1月末までは出船可能です。そしてマダイは2月〜4月末までは資源保護の為、お休みとなります。希望があれば出しますのでご連絡ください。

と、こんな1月予定ですが天候も気温も海の状況もここ数年狂いっぱなしの為、出船してみないとわからないのが本音です。取り敢えず早く出船したいのだ!!

posted by 光洋丸 at 11:14| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

新年あけましておめでとうございます!!

タイ.png

皆様、新年あけましておめでとうございます。今年も光洋丸を宜しくお願いいたします。
餅.jpg


**************************************************************************
初詣は長岡の奥座敷、蓬平の高龍神社へお参りに行ってきました。
龍神様を祭っている神社です。ここには金運アップの為、定期的にお参りに来ています。(修行&お参りが足りないためまだ金運アップ兆候は見られません でもそろそろ来るんじゃないの〜 今年あたりに)

お土産屋さんでいつもは生卵とロウソク、そしてお神酒のセットを500円で購入して参拝するのだが空いている時間帯を狙って朝5時に出発したら下の売店も神社のお札を売っている売店もclosed!!

こんな速い時間に行く理由は、決っして空いているからだけではない。
2年参りに行くと怒涛の勢いで参拝の方が訪れる。そしてたくさんの方が手前でお参りしているのに奥でも御祈祷をしている。
こんなにたくさんのお参りの方がいれば神様もいちいち、顔と名前、お願い事を覚えていられないに違いない。
そんな理由であえて空いている時間に行くのだ。

※この写真は昼間の風景。(行った時は真っ暗でした(-_-;)
階段.jpg


高龍様.jpg


帰りにどうしても娘が洋服のアクシーズファムの福袋を買うんだと譲らず、朝の7時からアピタへ直行!!
そして9時の開店まで2時間待ち。

娘とカミさんは行列に並び、私一人車の中でスマホのdTVで映画を見ながら.......

そして忠犬ハチ公のようにひたすら待つ..........
hachikou[1].gif


9時30分過ぎにようやく戻ってきた。長すぎるよ〜......

そして帰りにカミさんの実家に挨拶に行った時に事件は起きた。........

(実家の兄さん) おい、車の前にヘビみたいなのがいるぞ〜
(私) 今1月だよ〜 ヘビは冬眠中だよ。 いるわけないよ〜

覗いてみる。む〜ん?.............確かに、何か車の前に紐みたいなものが見える。
近づいて見てみた。本当だ!! アオダイショウだあぁぁぁ...
さすがに、寒い為動きは鈍いがそれでもゆっくりと動いている。
アオダイショウ.jpg


へぇ〜 冬眠しないヘビもいるんだな〜
白ヘビではないけど、龍神様の神社にお参りに行ってその日のうちに季節外れの蛇にお目にかかれるなんて、........................

昨年暮れのダイナンウミヘビから始まって新年早々に時期外れのアオダイショウと遭遇。実に足掛け2年の蛇づくしに今年は金運アップの予感がプンプンとするな〜(99%は願望だけど......)..........

宝くじでも当たるのかな〜.........(あっ、その前に宝くじ買っていなかった。しまった!!)

今年は、なんか良いことあるといいな〜  

皆さん、今年も何卒 宜しくお願いいたします。.........

福助.jpg


笑う光洋丸に福来たる.....

笑福.png
posted by 光洋丸 at 13:08| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする