• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2017年09月21日

イナダ好調!!

今日は木曜日でお休み。
そして時化開けは、珍しく気持ちの良い青空だ
空.jpg


まあ〜この後、小雨がぱらつくのだが.................



先日、夜勤明けの体に鞭打って釣りをしていた白崎さん(光洋丸のお手伝いの方です)から70cmサイズのスズキを頂いた。

頂けるものは、素直に頂く正確である............

CIMG0561.jpg


そしてそそくさと夕飯用のお刺身に................(焼霜のスズキをポン酢とモミジオロシで頂くのである)
CIMG0568.jpg
CIMG0567.jpg
CIMG0570.jpg


そして前日に竿を出して釣ってきた、イナダ&メジ&鯛で我が家の冷蔵庫は 久しぶりにいつもの生臭さを取り戻した。

しかし、今年はイナダが来るのが速いな〜
海の中に餌になるイワシが多いせいか、この季節に釣れるサイズとしては大きい気がする。
水温が温かい為、まだ脂の乗りは少ないが大漁のイワシをたらふく食べているイナダの味は決して悪くない。

そして釣りをしていると4号ハリスでも切られてしまう。2k周りが混ざっているようだ。試しに、夜釣りで使用している、ケイムラミックスフラッシャーの5号ハリスで釣ってみた。入れ掛かりである。
さすがにアジの釣れは落ちるが5号だとイナダが掛かってもドラグを絞めて安心して巻ける。

きっと海の中はイナダだらけに違いない。.....間違いない.....
イナダ.jpg


サイズもこんなサイズだ。でかいよ〜
CIMG0558.jpg


時々混ざるメジはこんな大きさ。(正直、サバより小さいのだ。30cmも無いよね〜)
CIMG0563.jpg


しかし、それでもメジはメジ。メジマグロはクロマグロの幼魚。ホンマグロの子供だ。
お刺身にしてみたが2人前取れなかったです。でもおいしいから許す 
CIMG0564.jpg
CIMG0566.jpg


今度釣れたらマグロ納豆で食べてみようっと!! (小さくて量が取れないから、何かでボリュームを付けないとね〜

アジはかなり少なくなったが代りにイナダとウマヅラハギが猛威を振るっています。
ウマ.jpg

両方ともアタリが強いので釣り初心者にとっては、楽しい釣りになること間違いなしです。

同じ場所でキジハタやクロソイも釣れますがどうしても根すれすれを攻める為、根掛かりの回数が増えてしまいます。
イナダやウマヅラハギ狙いはタナが高いため根掛かりは減ります。
秋のサビキ五目でイナダ、ウマヅラハギ狙いは案外、初心者の楽しめる釣目かもね..........
posted by 光洋丸 at 15:16| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

旨、肥ゆる秋かな〜!!

早いものでもう9月も中旬!!
台風シーズン到来に戦々恐々である。
今週末の連休は、台風が直撃しそうな気配がプンプンとしているが、逆に大時化が過ぎた後の海況の変化も楽しみなところ.................

何も週末来なくてもいいのにと女将が私の隣で.............  全くなのである

さて、海はと言うと先日の低気圧の通過後、少々の変化が見られる。
潮が速くなりイワシの姿や小鯵の姿は激減。(でも潮が止まれば又、喰いだす可能性もある。実際、ポイントに入ると反応は出ている)

釣れていた鰯は大部分が背黒イワシ
<
片口.jpg


イワシは釣り上げるとすぐに死んでしまうが、別に死んでも喰いが落ちることはあんまりない。
むしろヒラメやクロソイは活アジより喰いが良いようだ。


それにしても最近の海はイナダ(ツバイソ)だらけだ。
先日まで大量にいた鰯を鱈腹食べたせいか、太っているので味は悪くない。まだ水温が温かい為、脂は無いが塩焼きや煮物、お刺身でポン酢などで結構重宝しそうなサイズになってきた。
佐渡ではブリカツという名物があるが当然、子供のイナダだからフライでまずいわけはない。

イナダ.jpg


たくさん釣れるのも限られたシーズンだけだ。釣るだけ釣って磨き身にしてパン粉付けて凍らせておけばよいのでは.....................

そして、イワシが来てからと言うものクロソイの姿も急激に増えてきた。
ソイ.jpg


時期的にはまだ痩せているが、お刺身にしてもバター焼きにしてもとてもおいしい。
そして今時期のソイは身が薄いため頭や骨をいかに利用するかが重要。

そろそろ、秋に入りキノコのシーズンも近づいてきた。山採りのキノコや長ネギと一緒に出しの旨いクロソイは鍋に重宝する。味付けは味噌味か醤油味。
好みによっては生姜のすりおろしや千切りなどを加えてもおいしい。
ソイ鍋.jpg


キジハタはどうか....................
小鯵の衰退と同時に数はかなり少なくなったが、まだ釣れる。例年1月の前半頃までは見かける。そして水温が低下する時期に入ると全く見かけなくなり次に釣れ出すのは5月後半から6月前半になってである。
これからのシーズン数は少ないが大型サイズのキジハタが混ざる。むしろ今までキジハタだけしか釣れなかった感があるが、ここにきてクロソイやカサゴの復活でむしろクーラーボックスは賑やかになりり五目らしさが出てきた。
秋にきて肥えたキジハタの煮付けは別格ですよ〜
キジハタに.jpg


そしてここにきて魚種の入れ替わりに伴い仕掛けも今までと若干の違いが出てきた。
日一日と海況は変化しています。御乗船の際はアミコマセの量や付けエサ、仕掛けの確認をお願いいたします。

おいしい魚はこれから到来ですよ〜......................
posted by 光洋丸 at 19:57| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする