• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2018年02月23日

大忙しの毎日....(*´з`)

最近、忙しい...............

仕事は暇なのだが、何だか忙しい

毎日、ウスメバルの解体作業が山のようにある為、時間がタイトだ

CIMG1389.jpg


一日平均、70匹から80匹を約1時間30分ほどかけて天婦羅用に開いているせいだ。
CIMG1429.jpg


釣らなければよいのだが、今しか釣れないからせっせと開いて我が家のリーサルウェポン、真空パック器ダッキーを使い袋詰め。

こいつが真空パック器、ダッキーだ!!   一応、念のためガッキーとは何のつながりもないと思います。...................多分 
CIMG1433.jpg


どんどん、パック詰めがすすみます。
CIMG1432.jpg


好評なんだよね〜...........天婦羅用に開いて知人に上げると、とても喜ばれるんですよ〜 

すぐ食べなければ冷凍すればよいが、真空にしておくと生のままでも普通の冷蔵保存より長持ちします。
冷凍でももちろんおいしいが、開きたての生のメバル天麩羅はやはりうまさが一味違うんだよね〜

どうせ時間あっても、大したことしていないんだからまあ、忙しく作業するのは良いことか.....

そして、メバルと一緒に根魚を狙っていると、こんなおいしい魚も釣れる。
CIMG1413.jpg


頂き物のクロソイとマゾイ、キジハタだ。今の時期は大体キジハタいないんだけど今年はぽつぽつと見かけます。そしてクロソイはこれからが本番かな.............

久しぶりにクロソイとキジハタを刺身で食べ比べてみようと作ってみた。

ミオロシをしてみる。クロソイはまだ卵は小さい。そして身は脂でてかてかと光っています。

見てください、筋肉の上に脂がうっすらと載り、またその上に筋肉があるような鍛え上げたプロレスラーのようなこの極上の身質!!(..........表現が......)
CIMG1418.jpg


キジハタもクロソイほどではないが、やはり脂が乗っている。
CIMG1416.jpg


同じ作り方をしないと味比べができない為、皮ごと食べれるようにバーナーで焼いてみる。

.......まずはクロソイからゴォォォォォォ!!........
CIMG1419.jpg


そしてキジハタもゴォォォォォォ........!!
CIMG1423.jpg


......ンンンンン.....良い焼け具合だぜぃ〜
CIMG1426.jpg

すぐに用意しておいた。氷水に酒と塩を少し入れ粗熱を取り、その後水気を拭きとってから冷凍庫で10分ほど皮下のゼラチンを固める。
CIMG1427.jpg


せっかく脂が乗っているので頭や骨もぶつ切りにして味噌汁用にする。
CIMG1415.jpg


お刺身を切ってみた。
CIMG1434.jpg


こっちがクロソイで.........
CIMG1435.jpg


そしてこっちがキジハタだぁぁぁ...!!
CIMG1436.jpg


う〜ん、旨い。繊細かつ妖艶ななキジハタの旨みはどちらかと言うとフィギィア女王のエフゲニア・メドベージェワの演技に近いような旨みが................
はたまた、脂のりのりのクロソイは新進気鋭のアリーナ・ザギトワの大胆かつ繊細なジャンプをリスペクトするようなお味............

旨いぜ〜!! どちらも甲乙つけがたい味だ。

食べ終わった後で、思わず一人呟いた..........ナウ平昌     

posted by 光洋丸 at 20:34| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

長時化もそろそろ終わるかな?

今週末も、時化で大荒れ............

しかし、長らく続いた時化もようやく来週あたりから変わってきそうだ。
時化のサイクルが短くなってきているので平日数回は出船できそうです。

幸い、近海ウスメバル絶好調なので塩焼きに唐揚げに、又、開いてフライや天麩羅大漁ゲット。
たくさん釣って楽しみたい所。

16日の釣行では、私もメバル欲しさに竿を出してみた。正に入れ喰い状態!!
餌を与えていない釣り堀状態がずっと続く。時化の合間の出船のせいか、たまたま溜っていたのかはわからないが、とにかくよく釣れる。

大きさは20cm前後だが時々25cmくらいのサイズも見られる。
落としてしばらくするとほとんどの針にかかっている。パーフェクトのヒットが数回あったのであっという間に満タンに............(家帰ってから捌くのが、結構大変だな...............)

CIMG1362.jpg


使用していた仕掛けは、ハヤブサのフラッシャーハリス4号(写真は3号だが付け餌付けている分には4号でも問題ありません。むしろたくさん釣れてもハリスがよれない為、使用しやすいです)
ハヤブサ.jpg


例年はコマセを使用し、剥げ皮仕掛けで釣っているが
剥げ皮.jpg


これから春先にかけ、同水深でマダラが混ざることが多い為、針が大きめで付けエサをつけやすいハヤブサのフラシャー仕掛けは重宝する。6本針で手返しも早い。価格は400円位か....

付けエサはイカ短でも良いが、最近、三枚にミオロシしたノルウェーサバがスーパーに出ているのでそちらをカットして付けエサに使用。半身4枚もあれば大体足りるのでは...............半身100円程度です
ノルウェーサバ.jpg


このサバを身を削ぎ1cm幅長さ5cm位に切って付けエサにするだけ。コマセは一切使用せずにやってみました。
60匹以上は釣れていたようです。

これからのシーズン、昨年はマダラやマハタなどもポツポツと混ざっていた。
マハタは近年1k超えているサイズもポツポツと見られるようになってきたので楽しみな外道の一つだ。
マハタ.jpg

真鱈は、お腹はさすがに痩せているがお刺身や味噌汁にするには十分です。大きいと7k前後のサイズが釣れます
マダラ.jpg


クロソイも少し活発になってきたようなのでイワシ餌で狙ってみるのも楽しいですね......

今年は大雪のせいでなかなか出てこられないお客様が多い。でも、しばらく出船できずに魚が貯まっているので逆にチャンスかもね...........
posted by 光洋丸 at 11:41| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ウスメバル好調!!

相変わらず週1日ペースの出船が続き、もう嫌になってきた 

今年はもう、雪はうんざりです。例年、雪の少ない寺泊は除雪が間に合わない場所も多く道路は.........圧雪でガタガタ.........
でも悪いことばかりではない。例年は港の中に除雪が入らず、凪が良くても雪が多いと船まで近づけなかった。
今年は、車が入れるように除雪してくれる為、駐車スペースの雪を海に落とせば、何とかお客様のスペースは確保できる。これはとてもありがたいのだ。

先日の朝の風景。
朝も6時を少し過ぎるとほんのり明るくなってきた。
CIMG1322.jpg



海はというと時化が続く分、魚が貯まっていたりする。
例年同様に、この季節、光洋丸では近海メバルを良く狙う。

小振りな20cm前後のサイズが多いが時々25cmを超えるサイズも混ざるのでなかなか楽しい。
CIMG1330.jpg


釣れる時は全ての針にかかってくるので一気に数が増える。
そして、先日の釣行で仲乗りさんから頂いた大量のメバルが我が家へ...............

CIMG1331.jpg


40匹以上あるみたいだ。
大体平均に20cm〜23cmサイズ。
CIMG1336.jpg


佐渡で釣れる沖メバルに比べて小型だが、近海ではレギュラーサイズ。
種類は全く同じウスメバルなのだが、意外と脂があり塩焼きにしても香りが高い。メバルの焼きたてももちろん旨いが、一塩振っておいてから一晩おいて焼く。これは冷めて尚、旨いです。焼いて残ったメバルを翌朝冷たいまま食べると脂があるのが良くわかります。(焼きたてはどんな魚も大体おいしいけれどれ、冷めてからもこれだけおいしい魚は稀です。)

一応、バットのメバルを流しにぶちまけて小振りな物と大きいものとに選別!!
CIMG1337.jpg
CIMG1334.jpg


大きいものは塩焼きや唐揚げにし、小振りな物はウロコを落として開いてフライや天麩羅用。
メバルの開きは尻ビレの固い骨を上手にとるのがコツ。

まず背から包丁を入れて尻ビレの際まで丁寧に開く。
CIMG1340.jpg
CIMG1342.jpg


そして、ひっくり返してからもう一度背から包丁を入れ尻ビレの所、ぎりぎりのところまで開く。ぎりぎりまで開くのがポイントです。

頭を落として腹を開かずに内臓を出している為、お腹の部分は繋がっています。
そのまま骨と身をグッと引っ張ると、尻ビレの骨は大骨に付いた状態になります。
CIMG1343.jpg

CIMG1344.jpg

出来上がりはこんな感じです。
後は腹骨を漉き取れば完成。
CIMG1345.jpg


もともと、大きめのサイズなので開きも大きい。旨そうです。バットに並べる時は下の写真の様にできるだけ平らに並べて重ねると後あと、塩コショウを振りやすいです。
CIMG1346.jpg


食べ方はいろいろかな...............
天婦羅、フライ、唐揚げ、ピカタ、唐揚げにしたものを南蛮酢、酒塩に30分漬けてから一夜干し etc.

開いておけば冷凍して好きな時に天麩羅にできます。いいよ〜 これは

他にも、こんな魚が混ざっていた。
CIMG1332.jpg


デカウマヅラハギ、ウッカリカサゴ、ホシササノハベラの3品。
ウマヅラハギは開いて見たら肝は痩せていました。ベラは、お客様から食べるんですか?? などと良く聞かれるが....................

逆に食べないんですか??? と聞き返してしまう。
餌取りのイメージが強く、好感の良い魚ではないが実は味は絶品。
お刺身にする場合は、焼霜のお刺身にするとかなりうまい。透き通るような白身は塩焼きにしてもホクホク。
そして、小麦粉付けてバター焼きにしたら高級料理。個人的には最高においしい魚だと思うのだが..............なんで人気ないんだろう

ウッカリカサゴはこのサイズだと唐揚げにしてポン酢で食べたいサイズだな〜

まあ〜、僅か一日の出船でしたがいろいろ楽しめそうな食材が揃った。

そして漁師の網にたくさんマダラが入ったようなので一部、小振りな物を買ってきた。
CIMG1347.jpg


サイズは2k位か...............
2本あったので一匹はお刺身にしてみたがさすがに、もうちょっと大きくないと刺身で食べるには一味足らない。通常なら味噌汁がベストか.........

まあ、ミオロシして取りあえず味噌汁にするか、唐揚げにするか考えよう 
CIMG1348.jpg


そろそろ、ソウハチカレイとマダラも狙いに行きたいんだけどな..................
posted by 光洋丸 at 18:10| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする