• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2018年06月21日

異常気象の恩恵かな!!

梅雨真っ盛り...............................

前線が近づくと、天候不安定な時もあるが、何故か今年は深場が好調!!

相変わらず釣れ続けるホッケに皆さん驚愕

先日一日だけホッケが留守の日があったが、今の所大漁の確率がダントツに高い。
CIMG2196.jpg


今まで光洋丸でしなかった釣り目の為、今年はデータ集めの状態。
大昔は、1人100匹の世界だったが、そんなのははるか前のお話し.....................

今ではホッケはほとんど見ることもなく、スーパーに並んでもロウソクホッケが400円前後。
特大の一夜干しになると1000〜1200円位の高値。もう庶民の食べ物でなくなった感がある
開き.jpg

北海道でさえ、海水温の上昇で漁獲高が以前の1/3程度になったと聞く。
しかし、海水温の低下のおかげで、舞い戻ってきたホッケ!! 我が家ではホッケ三昧の日々が続く。

そして、釣れる日の条件は今の所天候が良く日差しが強いこと・潮が速すぎないこと・波が静かな日といったところか.............

釣り始めの頃は、最初はデカホッケが釣れた。そして、しばらくしてベイトが浮き上がってくると今度は中サイズのホッケに変わる。
最初の頃はいる場所は限られるのだが、昼近くになると拡散しポイント関係なくどこでもガヤガヤと釣れてくる。

ホッケの胃袋を覗いてみる。中にはアミも多少入っているものもあるがそれは非常に少ない。ヒイカとかハタハタの子供、後、イワシではないようだが銀色の極小の小魚がたくさん。
きっと、朝、海底に貯まっていたプランクトンが陽が昇るとともに浮き上がりそこへ小魚が群れているのだ。ホッケは回遊しながらその小魚を食い荒らしているんだろうな〜
ホッケは二手ある。回遊するものと、回遊はせず根についてしまう根ホッケだ。当然、根に付いたものは釣ればいなくなってしまう。
だからポイントに入れても、プランクトンが湧いてこなかったり、小魚が群れていない環境下ではきびしい。そもそもいないわけだから


釣れるタナをお客様に聞かれる。最初は釣れるタナは決まっていても後半は追っかけている小魚のいる水深がそのままタナタナに変わってしまうようなのだ。だから私も竿を出していないとわからない。
簡単に言うと最初は水深210m以下、浮き上がって釣れ始めると水深220mでも釣れるのは150〜170m付近
そして入れ喰いが始まると100m位でもバタバタと付き、200号のオモリが落として行く途中で止まってしまう。

底付近でゆっくりと誘いをしているのも良いが(マダラがつれるから)、最高速で巻き上げている途中で針掛かりしてくるため大胆な巻上と広範囲のサミングでそのポイントのタナを探った方が釣果はあがるだろう


一緒に釣れるマダラも多い人で4匹位釣れる。
CIMG1818[1].jpg

鱈.jpg


大きいからこんなにたくさん要らないという方もいるが、大きいから良いのだ。
特に、ここ最近のマダラは身が緻密になり引き締まっているため、お刺身にしても焼いても美味だ。
冬場は、白子や真子があるから大人気だがお腹に栄養を取られる為、身の味は劣る。

この時期のタラは腹子がないから十分に身に栄養がいくわけだ。
鱈を捌くときに頭が落としにくいと思っている方もいるでしょう.......................
コツがあります。左右から骨周りまで傷を入れて、一番固い大骨は包丁で切らず、頭を下に向けて手で骨を折ってしまうと包丁が傷まないです。

後は三枚に卸して、適当な大きさに切り塩を振ります。(両面)

塩鱈.jpg


塩鱈の食べ方は、
1)そのまま焼いて食べる
2)小麦粉をつけて唐揚げにする
3)フライパンで小麦粉付けてバター焼きやガーリック焼きにする
4)鱈の塩汁や鍋にする。(冬の鍋の定番はやはり塩鱈は欠かせない)
5)塩鱈のホイル焼き(アルミホイルに塩鱈の切り身・ベーコン・レモンスライス・バター・しめじなどを入れてアルミホイルを閉じる。後はオーブンで20分位焼く。蒸し器で20分ほど無しても良い)

食べ応えのある魚が釣れる深場五目釣り。実際、五目と言っても殆どホッケ釣りだが...........................
今どきこんな釣れる釣りは無いので是非遊び来てね........................

そして、ここのところスルメイカもようやく本調子になってきたようだ。私の感覚では例年より魚の動きが3週間程度遅れている気がしたがやはりイカも同様か...........................
6月初旬スタートのいかが今頃釣れるのだから...............

この分だとアジ泳がせ釣りも2〜3週間遅れで7月入ってからが本番かもしれないな〜...............................
posted by 光洋丸 at 16:24| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする