• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2019年01月17日

冬仕事開始!! (*´з`)

1月12日〜15日までは何とか出船できたが、又々時化に逆戻り............................せめて週末だけでも出船したいと願うのだが 

毎年この時期になるとこんな調子で暇を持て余している。しいて言えば、今年は雪が無いだけまだましなのかな.......................いやっ!! まだ油断するのは早い。2月の中頃まではドカ雪が来るかもしれない。

.................................................................

そんな暇つぶしの仕事として、せっせとタモアミ作りをスタート。昨年からスタートした沖延長便の深場五目釣りでマダラや特大のホッケが掛かる為、丈夫なタモアミが必要になる。
市販のタモは、ナイロンテグスでできている為、歯の鋭い魚を救うとすぐ,ズタズタになってしまい替え網と交換が必要になる。しかも、そこそこの値段がする。アジやサバ程度では何ともないがサゴシなんか採った日にはすぐに網が切られる。

そこでホームセンターで1.5mmのロープを買ってきて冬になると暇つぶしに編んでいるわけである。
一巻50mで500円ちょっとの値段です。

DSC_0006.jpg


タモの枠が大きいため、一つのタモをゆったりとした大きさに作るためには大体200m近く必要になる。まあ〜それでも4巻で2000円ちょっとだから買ってきたタモアミよりはまだ安い。そして自分で編んだタモアミは1.5mmと太いためとにかく長持ちする。(多分10年位は使用できるのでは......................)

一番の問題は、一つのタモアミを作るには200m近くも網針で編み込むため俺の根気が続くかどうかだ..........................前かがみになって数時間編んでいると腰が.........痛っ!!


最初は全く編み方がわからずインターネットで調べて、作り始めた。思えば最初は一つの網を作るのに5日位掛かった。にもかかわらず、目が粗く不揃いだった。本来、木のコマを使用すれば均等にできるのだが、そんなものもなくあくまでフリーハンドでの作業。

しかし、作り続けて3年.........................相変わらず歪な出来栄えではあるが、急げば何とか二日で完成するようになった。

これが完成品だ。このアミは枠の径が大きいため完全に200mほどロープを使用した。
DSCPDC_0000_BURST20190117123350711.jpg



そして今日の仕事分がこれっ!!

まずはアミの真ん中から外側に向かって編んでゆく。
DSCPDC_0003_BURST20190117123311984_COVER.jpg


1時間半程度でここまで完成!!
DSC_0005.jpg


一色50mなので今日は2色100mまで編んで作業終了!! 続きの仕上げは明日だ。
DSC_0008.jpg



真冬の時間のある時にしかできない貴重な作業だ。今年は頑張って3枚位編もうかな〜
......................

........................

網が丈夫だから何年も持つということは、ある程度作ったら冬の暇つぶしの仕事が無くなるということか................

そうなったら、編み方を忘れてしまうので今度は極太のフィッシャーマンズセーターでも挑戦してみようかな〜 
posted by 光洋丸 at 19:00| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする