• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2019年05月28日

脂のない大サバの調理!!

昨日までは、ピーカン照りの天気だったのが、今日は一変!!   梅雨のような天気に...............
めまぐるしく変化するのは天気だけではない。魚も狂った天気に合わせるように変化している。

今年は、何故か根魚が遅れている。ようやくぽつぽつとキジハタやクロソイを見かけるようになったが何かがおかしい。
そして、近海の漁礁周りでは水濁りに合わせてアジや大サバが好調だ。

DSCF1816.jpg
DSCF1814.jpg


サバは多い人は30匹超えも見られる。アジは先日の釣果では良い人で50匹程度。どちらも良型のサイズだ。
DSCF1819.jpg

DSCF1820.jpg


先日、お客様の少ないときに竿を出してみたが、カタクチイワシの群れを追っかけて大サバが暴れているのだ。一番浅いタナでは水深9mで針掛かり。それも3点掛け4点掛けだ。

3回も群れに投入するとあっという間に貯まってしまう。
DSCF1825.jpg


釣った中の一番大きいサイズを計ってみた。
DSCF1823.jpg


720gのジャンボサバだ。

DSCF1824.jpg


一見すると太っているように見える為、脂の乗りを期待してしまうが、残念ながら白子と卵が詰まっていて脂は微塵もありません
DSCF1826.jpg


取りあえず切り身にしてみた。
DSCF1828.jpg


先日、女将がサバを味噌煮にしたが、旨いことは旨いがやはり脂が欲しいと感じたのも事実だ。ちなみに塩焼きもしてみたが、やはり脂が無い分、味が劣る。

せっかくのおいしそうな特大サバをおいしく頂くために考えてみた。


なにも、たかが脂がない程度でがっかりすることはない。脂が無い分、油を足せばよいのだ

と言うことで、サバの味噌煮を実験してみた。

作り方はいつもどうり沸騰したお湯に砂糖を入れ味噌を溶く。私の場合は、味噌味を引き締める為に少量の醤油と酒を入れる。
再沸騰したら、魚を入れて薄切りにスライスした生姜をたくさん入れる。
ここまではいつもの作り方だ。今回は脂のないサバの為、お猪口一杯程度の油を入れてみた。
DSCF1830.jpg

後は、強火でアルミ箔の落し蓋をして詰め揚げる。煮汁の味噌の色が濃くなってきたらアルミ箔の蓋を取り、焦げないように煮詰めていく。
火を止めた後に、すぐに皿へ移すと煮汁の味噌が流れてしまう為、魚が鍋の中にあるうちに鍋の下部に水を当てて煮汁を少し冷ますと一気においしそうな照りが出ます。
DSCF1831.jpg
DSCF1832.jpg


出来上がりだ。沸騰した煮汁が魚に浸透するときに加えた油が一緒に魚の身の中へ入る為、魚がふんわりと仕上がる。そして煮汁に溶け込んだサバの旨みに油も混ざり、旬のサバの味に引けを取らない旨さに仕上がります。
DSCF1833.jpg



しかし、大量に釣れた大サバは。毎日味噌煮では飽きてしまう。

そこで他の調理法の提案

※サバのカレー風味竜田揚げ
サバの切り身をボールに入れて、醤油で絡める。そこに僅かのカレー粉を振りかけて混ぜたら片栗粉、若しくは小麦粉をつけて中温で揚げる。
食べる時は、レモン汁を振りかけるとおいしい。

※サバの梅肉煮
沸騰した鍋に醤油と砂糖で通常の煮付けの煮汁程度の味を付けたら、油をお猪口半分から1杯程度入れる。梅干しの種を取り粗刻みにする。
沸騰した煮汁に魚と刻んだ梅干しを入れてアルミ箔の落し蓋をして詰め揚げ。梅肉から塩分が出ることを考え、煮汁の醤油を入れすぎないよう注意する

※サバの竜田揚げ三杯酢
サバは、切り身にして醤油に15分ほど漬ける。汁気を切ったら小麦粉をつけ竜田揚げにする。
器にサバを入れて薄めの三杯酢を注ぎ、サバの上に胡瓜のオロシと生姜の千切りを載せていただく。夏向けの料理です

※サバのガーリックソティ
塩焼きだとパサつく為、油でいためる。
サバは半身を使用。両面塩コショウを振って小麦粉をつける。
ニンニクはスライスしておく。
フライパンに少し多めの油を入れてニンニクスライスを中温で揚げる。揚がったニンニクは器に上げておく。
ニンニクの香りの移ったオイルでサバを炒めるのだが、焼くときは身の方から焼きます。焼き色が付いたらひっくり返してしばらくしたら、最後に醤油一振りと酒一振りを加え、強火で蓋をして蒸らします。
焼き上がったら、皿に移し上に予め揚げておいたニンニクチップを散らします。レモンやライムを絞って食べてください。

他にも一度締めさばにしてから、マリネ液に漬けこんだりしてもきっとおいしいのではないかと思ったり、食べ方いろいろです。

一年を通じて大サバがたくさん釣れるのはあんまりないことなのでたくさん、是非サバの引き味とおいしい料理を楽しんでください。
サバ釣りは、引きが強くて面白いよ〜...............................
posted by 光洋丸 at 15:36| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

これからの釣り目について

忙しかったゴールデンウィークも終わりホッと一息...........................

夏に向かい釣りシーズン開幕だ。

昨年から続く、沖延長便の深場五目釣りは今年の暖かさと相まって、すでに絶好調一歩手前!!
近海はいつもは6月過ぎに釣れ始めるアジが、すでに釣れ始めている。

光洋丸では、5月中旬からの釣り目として下記のような釣り目で出船いたします。

※沖延長便深場五目釣り  対象魚 : 沖メバル・マゾイ・ホッケ・ソウハチカレイ・ゲンザ・マダラ
オモリ200号 竿6:4〜7:3調子の2〜3m位の竿 電動リールラインは300mが最低巻いてあれば可
最初140〜150m前後で沖メバルやマゾイを狙い、潮が安定してから深場へ入ります。深場では、マダラ、ホッケ、ソウハチカレイ、ゲンザが混在していますが、誘い方で釣れる魚が変わります。大型クーラーを満杯にできるチャンスの多い人気釣りです。平日は10名位で定員・週末は12名位の定員となります。
DSCF1502.jpg

※近海延長便サビキ&根魚五目釣り  対象魚 : アジを中心にキジハタ、クロソイ、ウッカリカサゴなどの根魚
オモリは80号 竿6:4〜7;3調子 アミコマセ2〜3ブロック コマセカゴ:白ロケット籠 
仕掛け:ハヤブサ若しくはササメ針のハゲ皮仕掛けハリス2〜3号 根魚は胴突き仕掛けの2本針 又はヒラメ仕掛けで冷凍イワシ用意。
(もちろん程よいサイズの餌が釣れれば゛泳がせ可です)

サビキ&根魚五目は半日便でも出船しますが、サビキでアジを狙ってから後半根魚狙いと言う二つの釣り目が混ざっている為、釣れたアジで泳がせたい方は延長便がお薦めです。
DSCF1447.jpg

DSCF1445.jpg

CIMG0676[1].jpg

光洋丸での定番の五目釣りですが、この釣り目だけはタイラバとスロージグを可としています。水深は40m位から80m超えまで行きます。潮が悪いとはおまつりすることもある為、通常のサビキで使用する竿もお持ちください。基本釣り目はサビキ&根魚五目の為、タイラバしか用意しないというのはNGです。

※一つテンヤ五目釣り...................対象魚 : キジハタやカサゴ、ソイなどのロックフィッシュ
一般的なマダイテンヤと違います。急激な岩場を攻める為、真下に落とす根魚狙いのテンヤとなります。寺泊沖は6m前後の漁礁が多数ある為、多種の根魚が狙えます。基本はラインは0.6〜1号 テンヤは8号〜10号 他、リーダーが必要です。餌は、テンヤ用のエビ若しくは冷凍のお刺身南蛮海老Mサイズ、ワーム(エコギアなど)
同時乗船で、タイラバ・インチク・スロージグも可  6月〜9月頃が最盛期です

56387588_1593876154078485_1552233942229592132_n[1].jpg


※マダイ釣り................対象魚 : マダイ
オキアミをコマセに使う、コマセマダイです。マダイビシ80号と天秤、1mのクッションゴムが必要です。
マダイ釣りは上からのタナ取りが多い為、タナを確実に合わせる為にはラインに1m刻みのマーカーが必要です。電動リールのメーターは狂いが出る為、ラインでタナを合わせます。
オキアミは2kブロックを一つご用意ください。(釣具店で2k1000円、3k1200円の為、余裕があった方が良いとお考えの方は3kの方がお得です)
付けエサは、コマセの中からしっかりとしたものを使用しても良いし、付け餌用に別に買っても良いです。
仕掛けは10mの仕掛けをご用意ください。6月からがおすすめです。

3077760_1[1].jpg


※ウィリー五目.......................対象魚 : アジを中心に多種の魚

ウィリー化けの付いた吹き流しのウィリー仕掛けを使用します。
ウィリーとは、針に巻き付けてある色付きの化繊の糸(ウィリー糸)の事を指します。アミコマセをシャクリながら、そのコマセの中でウィリー仕掛けが躍ることで餌に見立てて魚を釣ります。

慣れてくるとチヌ針3号位に自分の好みのウィリー糸を巻き付けて作るのも楽しいです。自作の場合は全長4m以内で作ると手返しが良いです。
推奨のコマセカゴはサニービシFLサイズ黄色オモリ80号。天秤とクッションゴムは第一精工から出ている海上釣り堀用クッション天秤がおすすめです。(長さ30cm)吹き流しの仕掛けを使用する為、天秤にクッションゴムが埋め込んである方が隣とオマツリし難いです。

サニーカゴは一体系のビシでも良いですが、サニーカゴFLに重り80号をぶら下げたほうがリーズナブルで且つ、オモリが揺れることでコマセの出方が変わります。半日便の場合でアミコマセ4〜5ブロック使います。他付け餌としてオキアミなどがあると便利です。
どちらかと言うと反応にぶつけるショットガン釣法のスタイルが多い為、ベイトが漁礁周りにいっぱいになったらスタートします。



5月の最終土曜日からは夜イカもスタートいたします。お好みの釣りをお楽しみください
posted by 光洋丸 at 18:05| 新潟 | Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする