• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2019年09月03日

イナダを食べようよ!!

忙しさにかまけて、すっかり更新を忘れていました。ごめんなさい.............

8月の終わりからめっきりと涼しくなり気分は秋満開です。
毎日毎日ぐずついた空模様で、秋晴れなんて日は来るのだろうかとさえ思える今日この頃..................

9月に入り少し魚種の変化も見られます。
近海では相変わらず、サビキ&根魚五目釣りを中心にアジの泳がせ釣りでヒラメ狙いをしています。
DSCF3046.jpg

サビキではアジに混ざってツバイソが頻繁にみられるようになりました。また、漁礁周りではウマヅラハギの良型も現れています。
釣りたい魚に合わせて付けエサや仕掛けを用意した方が、良いようです。

昨年は今頃、マメアジやカマスが登場しましたが今年はぱっとしていません。マメアジが大量に釣れ始めたらヒラメからキジハタ狙いに切り替えようと思います。

深場五目も今年は長雨で分厚い雲に阻まれ、天気の良い日しか釣れませんでしたが、ここ最近、スルメイカの出現で少し変わってきました。
サイズからいうと6月中旬から後半にかけて釣れる胴長20cm前後の一番おいしいサイズです。2回ほどやってみましたが2時間少々の時間でトップ34杯と好調。 

これからは4時間ほどスルメイカができるような時間割でやってみるつもりです。タナは80〜110mくらいの為オモリは100号。14cmのダブルカンナで紅白スッテの入ったものをご用意ください。一応おまつり防止のため、ご自分で仕掛けを結ぶ方は角は8本以内に調整してください。


最近釣れるようになったイナダ(ツバイソ)だが、脂はないがコイワシを食べて育っているため味は良い。

どんな食べ方が良いかと聞かれるが、普通の刺身でも十分行けるのだ。
DSCF3037.jpg

DSCF3039.jpg


しかし、それではもう飽きたという人もいる。

そういう方のためにイナダ料理をいくつか紹介!!

●イナダのツナ
三枚におろしたイナダは皮を引き鍋に入れます。オイルをひたひたに入れて少量の塩を入れます。オイルは1/3程度はオリーブオイルを入れてください。残りはキャノーラでも白絞めでも何でもよいです。あとは中火でコトコトと煮て魚に火が入ったら完成だ。一晩冷蔵庫で休ませてから食べます。香りづけにニンニクやブラックペッパーのホールなど入れてもおいしいです。ローリエは香りが強すぎるため負荷。
出来上がりは普通に醤油でいただくか、からしマヨネーズでもおいしいですよ!!

●イナダの竜田揚げ
三枚におろしたイナダを一匹を4〜6切れにして醤油で絡めます。ショウガのすり卸しを入れるとおいしいですね〜
あとは、片栗粉(若しくは小麦粉をつけて油で揚げます)

●イナダのポキ
簡単に言うと、ハワイ風のお刺身なのだが味付けはナムルかな?

三枚におろしたイナダを血合いを切り取り、角切りにしてボウルに移す。
DSCF3056.jpg

DSCF3057.jpg

DSCF3076.jpg


ごま油とコチュジャン、醤油で味をつける。少しコチュジャンが効いていた方がおいしいです。そしてニンニクの摺り下ろしたものを加えてよく混ぜます。
DSCF3077.jpg

DSCF3081.jpg

味に深みを出すためコクのあるアボガドをサイコロに切っておきます。
DSCF3080.jpg

あとは合わせ野菜で飾り、パインのサイコロを散らしてみました。
DSCF3078.jpg


完成だ!! おもてなし料理としても見た目が良いですね〜
DSCF3083.jpg


●イナダのホイル蒸し(焼き)
イナダは半身の状態で皮を引き、両面強めに塩コショウしておきます
DSCF3062.jpg

アルミホイルを大きめに切り、上にタマネギ、マイタケ、イナダ、ベーコンスライス、レモンスライス、そしてバターを一片入れて包みます

DSCF3061.jpg

DSCF3064.jpg

DSCF3067.jpg

DSCF3066.jpg

あとは丁寧に隙間ができないよう包みます
DSCF3065.jpg

DSCF3072.jpg


蒸す場合は気の上がった蒸し器で20分ほど、オーブンの場合は、テンパンに水を少し入れ底にホイルを並べて200度で20分位、焼きます。

●締めイナダ
しめ鯖のイナダバージョンだ。三枚におろして腹骨を漉き取ったらべったりの塩で2時間、その後さっと塩を洗ってから酢で40分絞めます。
この2時間と40分のバランスが大事です。タマネギスライスと一緒に食べたりするとおいしいですね〜  
又、わかめを戻して締めイナダとと一緒に盛り付け酢味噌をかけても良いですよ〜


.................................などなど

イナダは歩留まりのよい優秀な魚です。味にインパクトのないサイズの場合は逆にいろいろな味に変化できるということです。
焼いたものを醤油味の汁に付け込んだ焼き漬けや照り焼き、ガーリックムニエルなどなどバラエティに富んだ調理法が期待できます。
塩を振って一晩おいたイナダの切り身を練り粕に付け込んだイナダの粕漬け焼きもお薦めです。

釣れた魚のレパートリーが増えていくのは男女問わず楽しいですよね〜   





posted by 光洋丸 at 19:25| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする