• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2018年04月16日

餌のホタルイカ、旨いよ!!

沖メバルのシーズンも後、1ヵ月位か.................
今頃になって、不漁と言われていたホタルイカが入荷してきた。
ホタル.jpg
餌のパックを作ったついでに夕飯用にホタルイカを加熱してみた。
お店で販売している加熱済みのホタルイカは大きくておいしいが餌用に取っているホタルイカはそれよりも小振りだ。

このホタルイカの加熱の仕方だが、茹でても蒸しても胴体とゲソと離れ離れになってしまいお店で売っているようなきれいな状態にはなかなか仕上がらない。

だが、電子レンジでチンした時だけはかなりきれいに仕上がる。おそらく、茹でたり蒸したりしたときは外から火が入る為、胴が縮んで肝を押し出してしまうからゲソが外れてしまうんだと思う。でも電子レンジは内部から火が入るから肝が加熱されれば外側が縮んでもあんまり飛び出さない訳だ。.......たぶん!! 

そしてきれいに仕上げるポイントの問題は加熱した時の水きりだ。かなりホタルイカから水分がでてシャバシャバの状態になってしまう

そこで何か良いアイテムは無いかとダイソーで探して見た。 

丁度良いのを見つけたもんね〜 
電子レンジ用温野菜器だ。蓋つきの容器の中に水きりのザルがセットされている。なんとダイソーで100円である。
CIMG1731.jpg

御飯が進むおいしい茹でホタルイカの作り方
☆彡 生のホタルイカは濃い目の塩水に10分ほど漬けてザルに水気を切る
CIMG1730.jpg

☆彡 温野菜器のザルに平らにホタルイカを並べる
CIMG1733.jpg

☆彡 後は容器に入れて蓋をし電子レンジで2分30秒〜3分ほど加熱する
始めの加熱は2分30秒程度で、一度蓋を開け中央部が半生だったらもう一度蓋をして30秒ほど加熱する
CIMG1736.jpg

☆彡 加熱後のホタルイカは容器下部にホタルイカの水分が出る為、すぐ温野菜のザルを取り出して熱いうちにキッチンペーパーを敷いたお皿の上で冷ます。
CIMG1732.jpg

これをワサビ醤油で食べたり、味噌に砂糖と溶き辛子、酢を加えて酢辛子味噌でワカメと一緒に食べたりすると御飯のおかずや酒のおつまみにとても良い感じ〜   

沖メバル釣りの大切なアイテム、ホタルイカを鮮度の良い状態で船上で取り扱えば、たとえ残っても夕飯においしく食べることができるからたくさん餌を用意しても良いわけだ。我が家では、この生ホタルイカを炊き込みご飯でも作る。ホタルイカの肝が味を濃くするから、味付けは醤油ではなく塩味で生姜の千切りをたっぷりと入れて炊き込む。旨いんだこれが!!

そして、佐渡の沖メバル釣りで釣れたイナダと沖メバルもついでに加工してみた。

CIMG1719.jpgCIMG1720.jpg

イナダは三枚に卸して半身を3切れにカット。味噌漬用だ。
CIMG1721.jpg

大きいメバルは頭付きで三枚に卸してみた。
せっかく大きいんだからお頭付きで作った方がおいしそうだから

こんな感じで、卸します。 この時、頭はまだくっついています。
CIMG1724.jpg

後は中骨を包丁で取ったら頭をかち割ります。するとこんな感じで、お頭付きの半身ができます。このままでも良いし、大きかったら二つにカットしても良いですね〜。この方が見栄えが良いですよ〜
CIMG1722.jpg

イナダとカットしたメバルは味噌漬用!!
CIMG1726.jpgCIMG1728.jpg

中サイズのメバルはアジの開きのように開いて塩を両面に降ります。
CIMG1727.jpg

2時間ほど置けば潮が馴染むのでそのまま焼いてもおいしいですが、そろそろ気温が上がってきたので天気の良い日に外で干してメバルの干物を作るのも良いですね〜
メバルは水分が多いから干して水分を少なくし味を凝縮してから焼いた方がよりおいしいですよ〜
CIMG1729.jpg

天気もこれからは安定するので、ユキシロさえおさまれば釣り日和の日も増えて来ます。
落とし込みができるイワシが、近海に来るのを心待ちにする日々です。、皆さん是非遊びに来てくださいね〜  

posted by 光洋丸 at 18:04| 新潟 ☁| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]