• トップページ
  • 最新釣果情報
  • 予約状況
  • 料金その他
  • 寺泊港までの地図
  • ブログ
  • 年間釣物予定
  • リンク

2019年11月06日

松茸ご飯とホッケのタタキ('ω')

...........................

............................

...................................................

カナダ産松茸を格安で自宅近くの分水市で購入!!
2本で1200円は破格の値段だな〜 (まあ〜ちょっと贅沢だな〜)
DSCF3418.jpg

そこそこでかいのだ。
DSCF3420.jpg


おそらく今年最初で最後の松茸ご飯だと思うが、ぜいたくに2本使って4合の米で松茸ご飯を作る。
国産松茸はK10万以上だがカナダ産松茸だと8000〜5000円と格安。そして肉厚で香りもそこそこする。以前、山で探したが残念ながら見つけられなかった。

私のキノコ採りに行くところに出ているキノコは海岸の林ではキシメジ、ハツタケ、アミタケ、クギタケ、オウギタケ、カキシメシメジ、カラマツタケ、ツエタケ、チチアワタケ........

山の方ではナラタケ、ナラタケモドキ、キクラゲ、ハナビラニカワタケ、アカヤマドリ、アブラシメジ、エノキタケ、ムラサキシメジ、チチタケとどちらかというとマイナーなキノコが多い。食えるキノコを辞典片手に探していたから、そこそこ種類は覚えているが、いまだ松茸に巡り合えず.....................................

多分、1日の費やす労力を考えたら、探さないでスーパーで買った方が速いのは間違いありません  
DSCF3422.jpg

DSCF3427.jpg


う〜ん!! リッチだぜぃ〜
DSCF3429.jpg

残りの松茸ご飯を朝飯に食べようと残して置いたら、息子たちに先を越され釜の中は空っぽに.............................

*******************************
さて、11月に入り近海ではウマヅラハギやアジそして、泳がせてヒラメやキジハタなどが釣れています。台風続きの後で雨が多かったため中々魚を探しにくい日もあります。この中でウマヅラハギはせいぜい一カ月程度かと思うので釣りたい方は早めにどうぞ。

(下記の写真は上がメスで下がオスです。ひし形に近いのがメスでオスは長細いです。お刺身にするときは主にメスを使います。三枚に降ろすとウマヅラの場合は筋肉が身について居ますが、オスは赤い筋肉でメスはベイジュ色の筋肉です。メスの方が筋肉が薄くオスに比べてお刺身用の部分がたくさん取れます。)
ウマヅラハギ.jpg

又、キジハタなどは水温15度位が活性が上がる下がるの境目です。1月に入ると姿は激減するためこちらも狙いたい方は年内においでください。
アコウ.jpg


そして、寒くなってくるとマダラが食べたくなってくる。
冬場に向けて凪の良い日は佐渡方面の釣りも出船いたします。

現在のところ、いないと思っていたホッケが又、現れたためマダラと一緒にホッケも狙っています。
最初は潮の確認も含めて水深の浅い沖メバルからスタートしますが途中から深場の五目に突入します。
DSCF3581.jpg

DSCF3583.jpg


同じ場所に混在するため、ホッケ狙いはフラッシャーサビキにサバ短で、マダラ狙いはタコベイト付きのマダラ仕掛け、エサは冷凍イワシやサンマやイカを使用。おもりは200号です。
注意ですが、波やうねりがあるときは、竿が固いとオモリが跳ねておまつりします。200号のオモリをぶら下げて竿先が十分しなるかどうか御乗船前に確認ください。(オモリが落ちていくときに竿先がしなっていない竿は適しません。心配な方は竿だけ貸すこともできます)

他注意点として竿の長さが挙げられます。時々4m近い竿をお見かけします。3〜2m程度の長さが良いです。オマツリしたときに狭い船内で対応が難しいです。又、潮の流れや風に合わせるため釣りやすいように船を前後左右に操船しているわけですが、長すぎる竿は船を動かしたときに竿先が横に流れるため隣とどうしても絡みやすくなります。又、タラなどが上がってきたときに流れるため取り込みにくくなります。以上の点をご注意ください。


*******************************************
先日、片手間に少しだけ竿を出してホッケを10匹ほど夕飯用に釣ってみた。

DSCF3590.jpg

おなかを開けると卵が入り始めています。
DSCF3588.jpg

DSCF3591.jpg


DSCF3593.jpg


この釣りたてのホッケを使ってタマネギとたたきにしてみた。(まあ〜タタキと言ってもアジのタタキのように叩いたりはしないが......)
最初は長ネギでも良いのではと思ったが、やはりタマネギの甘みと辛みががマッチしています。
  
三枚に降ろしたホッケは皮を引き、氷水に酒・塩を入れてその中で洗います。しっかり水気をふき取って冷蔵庫で30分ほど冷やしてからスタート(この、酒と塩を入れ氷水で洗う作業をするかしないかはそれぞれかと思いますが、味は雲泥の差があります。)
DSCF3595.jpg


荒く刻んだタマネギはそのままでも良いが辛いのが苦手な方は、一度軽く塩もみして洗い流してから絞ったものをホッケの上にのせてください。青味に水菜を刻んで載せてみました。

食べ方は、スプーンでタマネギと一緒に救って皿に取り醤油をかけるだけ。
DSCF3597.jpg


下処理してあればよく日でもできますが、やはり当日の身の弾力と甘みは格別です。釣れたてのホッケで当日にお試しください。



posted by 光洋丸 at 10:15| 新潟 ☔| Comment(0) | スタッフのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]